医療スタッフが訪問!介護で知っておきたい「在宅医療」

知っておきたい!「在宅医療」

介護では、「在宅医療」について知っておくといいですね。「在宅医療」とは、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などの医療スタッフが、自宅や介護施設などを訪問して診療などを行ってくれることなんですよ。ある市が行った意識調査では、約70パーセントの人たちが、「人生の最後は、自宅で療養したい」と回答したんですよね。多くの人が、住み慣れた自宅で最期まで療養できるということを望んでいるのだということが分かりますね。

自宅で療養できる環境を整える!

実際には、家族への介護の負担、症状が急変した場合の不安、「看取り」が病院以外では難しい現状などの理由で、自宅での療養を選択できない状況にあることが多いんですよね。そこで自宅で療養できる環境を整えて、安心して診療を受けることができる「在宅医療」が、今、注目されているんですよ。在宅医療において、中心的な役割を担うのが、地域で患者さんを支える「かかりつけ医」ですね。かかりつけ医は、患者さんの日常的な診療や健康上の相談に対応してくれるんですよ。

安心な療養生活のために!

かかりつけ医は、必要に応じて専門医を紹介するなど多様な役割を担っているんですよね。患者さん一人ひとりが、身近で頼りになる「かかりつけ医」を持つことが、安心な療養生活につながりますね。かかりつけ医を持つことは、おススメですよ。在宅医療を行っている医療機関については、かかりつけ医や受診している病院等の医療相談室等に尋ねてみるとよいでしょう。在宅医療を利用する上で、さまざまな医療スタッフが行っている各種サービスもあるんですよ。

介護の派遣は、正社員で働くのと比べて、自分の都合に合わせて働きやすくなっています。ですから、プライベートを優先したい人におすすめの働き方です。